青汁

青汁で花粉症対策

花粉症のつらい時期になると、鼻水やくしゃみが止まらず、どうしても憂鬱になりがちです。

青汁が花粉症に効くって本当?都市伝説のように語られていますが、青汁は花粉症にも有効だと判明したのは実はそれほど昔ではありません。

2005年に青汁で有名なファンケルが、青汁の主成分ケールに糖脂質が含まれていることを見つけ、青汁が花粉症に効果があるとわかってきました。

糖脂質とは、花粉症緩和の有効成分として知られている成分で、細胞から産生されるアレルギー症状を引き起こすIL−4(インターロイキン4)の分泌量を減少させる効果があります。

青汁のケールにはそのほかにもフラボノール配糖体という花粉によるアレルギー症状を緩和し、諸症状を抑える作用がある成分も含んでいることがわかり、花粉症にはとても有効だということが分かってきました。

また、βグルカン入りの青汁の方が花粉症の症状の緩和を実感した人が多いという臨床例もあります。

βグルカンとは食物繊維の一種で、グルコースが多数つながってできた多糖類の総称。免疫力を活性させる成分として注目されているものです。

βグルカンを配合している青汁で有名なのは、おいしい青汁です。エバーライフから販売されているもので、モンドセレクションを受賞するほど、飲み口がおいしい青汁です。

大麦若葉を主成分としていて、他には熊笹、ローヤルゼリーなどを配合。便秘解消や滋養強壮、メタボ対策としても注目されている青汁です。

それでもお笑い芸人になりたい